2020/09/25 15:09

お久しぶりのブログ更新です。
ようやーく、今日からヤマノホの令和2年産の新米を販売開始しました。
昨年は早々に売り切れてしまい、申し訳ありませんでした。
ステイホームでお米の消費が早い、との声がいっぱい聞かれたのに。
そこまで昨秋には読み切れませんでした…。
今年は余裕をもって在庫をとってあります。
安心してご注文ください。
(逆に在庫が大量に残ったらどうしようという恐怖も隣り合わせだったりします。
新米、おいしくできたと思うので、ぜひ、ご賞味ください!)

さて、今年から、簡易包装に取り組みたいと思います。
1回のご注文が「ご家庭用」カテゴリーのお米単一品種1袋の場合
*例えば「こしいぶき 白米 10kg」の注文の場合

米袋を2重にして、外側の袋に直接ゆうパックの伝票を張り付けて発送いたします。
外側の袋は、リサイクル米袋を使用する場合があります。
中身の銘柄と一致しない場合がありますが、ご容赦ください。
*お米に直接触れる内袋は、新品を使用いたします。

これまでは「米用段ボール箱」に入れて発送していたのですが
できるだけ段ボールの使用をやめたいと思います。
段ボールの購入経費削減はもちろん、荷物の大きさも最小限のサイズに収まるので、送料の軽減効果があります。
送料・消費税が年々アップする中、なるべく値上げせずに…と考えると、この方法に落ち着きました。

袋を二重では発送できない内容の場合
*例えばこしいぶき5kg×2、コシヒカリ10kg×1、など1つの配送先に複数袋注文の場合
これまで通り、段ボール箱に詰め合わせてお送りします。

贈答用のお米は、これまで通り段ボール箱に入れて発送いたします。
(贈答袋入りはざかけ米は、10月末までに発売開始を目指してます!)

米袋での発送、破れない?大丈夫?と心配される方もいらっしゃると思います。
これまで身内には何度か米袋(一重)のままで発送してきましたが、
今のところ袋が破れるなどの事故はありませんでした。
とはいえお客様に発送するのに一重では心もとないので、袋を二重にしてお送りします。
袋を二重にしたほうが、段ボールを別途購入するよりも経済的です。

送付後の段ボール箱はアパートやマンションだと、場所をとって邪魔になるとの声も聞きました。
米袋は、例えばキッチンでジャガイモ入れとか、米袋バッグにリメイクするなど、
段ボールよりも邪魔にならず、使い道もあるのかなあと思ったりしています。

ご理解のうえ、ご注文いただけたらありがたいです。
商品到着時に、破損等の問題がありましたら、遠慮なくお知らせください。

令和2年産のお米、おいしく召し上がっていただけますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

ヤマノホ 店橋瑞穂











  • Home
  • About
  • Blog